体調不良は自律神経が原因?自律神経の不調とはなにか

熱はないにもかかわらず、体調不良に悩まされている人は沢山いると思います。原因がよくわからない体調不良の場合、自律神経の不調によるものが考えられるでしょう。自律神経の不調は、様々な体調不良を引き起こし、体調不良の原因がわからないのが特徴だといえます。自律神経という名称をよく聞きますが、自律神経がどういうものかよくわからないと思います。自律神経とはなにか、自律神経の不調とはなにかを教えていきますね。

自律神経とは

脳から末梢神経につながっている神経には、身体の動きを司る体性神経と内臓の働きを司る自律神経に分かれます。自律神経は交感神経と副交感神経のバランスから成り立っており、日常生活を送る上で、身体が正常な状態に保てるような働きをしています。自律神経の働きが乱れてしまい、自律神経の不調になってしまうことにより、体調不良の諸症状を引き起こしてしまいます。

自律神経の不調の原因

自律神経の不調の原因は、交感神経と副交感神経のバランスが崩れることが原因だといえます。交換神経は昼間の活動に重要であり、副交感神経はバランスが崩れる要因は様々であり、生活習慣の影響が大きいといえるでしょう。現代の日本において、生活習慣によりストレスを受けやすい状態であり、自律神経の不調につながることが考えられています。自律神経の不調はストレスが重要であり、性別や年齢問わず、自律神経の不調になってしまう可能性があります。自律神経の不調の原因において、代表的なものはどのようなものがあるのでしょうか。

過度なストレス状態

仕事での人間関係や将来への不安など、日常生活を送る上で、ストレスを感じる場面は多いといえるでしょう。精神的なストレスだけでなく、過労による身体的ストレスが溜まってしまうことにより、自律神経の不調につながってしまうこともあります。精神的なストレス、身体的なストレスを受け続けることにより、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、自律神経が不調になってしまい、体調不良となるでしょう。

月経前

女性は月経前になると、女性ホルモンが急激に減少し、自律神経は影響を受けてしまいます。脳の内部において、女性ホルモンの分泌を促す部位と自律神経を司る部位が近いので、自律神経はホルモンバランスに密接に関係しているといえます。月経前はホルモンバランスを崩しやすくなるので、ストレスを抱えないようにすることが重要だといえるでしょう。

慢性的な睡眠不足

仕事の長期化や昼夜逆転生活といった生活習慣による、慢性的な睡眠不足が自律神経の不調に影響しているといえます。仕事の長期化による睡眠不足は、パソコンやスマートフォンのブルーライトを長時間見ることにつながり、交感神経が刺激され続けることになります。交感神経が刺激されることにより、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい、自律神経の不調につながってしまうでしょう。昼夜逆転生活も同様に、睡眠不足を誘発し、自律神経の不調につながってしまうでしょう。

まとめ

自律神経の不調による体調不良は、日常的な生活習慣が大きく影響しており、ある種の現代病ともいえるでしょう。また自律神経の不調は、ストレスが密接に関係しているので、ストレスを抱え込まないようにすることが重要だといえます。自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを適正に保つことが、自律神経の不調による体調不良を防ぐ上で、最も必要な取り組みとなりますよ。