実は危険!?長引く頭痛の改善方法について解説

1. 頭痛で悩んでいる方へ

長年悩まされている頭痛や、急に痛み出す頭痛など、原因のわからない頭痛の存在は困りますよね。

頭痛には様々な種類があり、中には命に関わる病気が原因というものも存在します。

今回はそんな頭痛の種類と原因、そして対処法もご紹介していきたいと思います。

どれも簡単に試せる方法ばかりなので、是非参考にしてみてください。

2.頭痛の種類

頭痛には、大きく分けて2種類あります。

・片頭痛

こめかみから目の当たりがズキズキと脈打つように痛むのが片頭痛の特徴です。

頭の向きを変えたり、体を無理に動かしたりしてしまうと痛みが大きくなってしまうこともあります。

また、頭痛の痛みにより吐き気・嘔吐・下痢などの症状も併発することがあります。

・緊張型頭痛

緊張型頭痛は片頭痛に比べ、痛みの程度としては軽度~中等度程度です。

目の疲れや倦怠感とともに、頭を締め付けられているような圧迫感のある痛みが特徴です。

3.頭痛の原因

ここからは、それぞれの頭痛の原因について解説していきます。

・日常生活での原因

片頭痛は、脳の血管が拡張することで周囲の三叉神経という部分が刺激されます。

その刺激により発生した炎症物質が、さらに血管を拡張することで片頭痛が引き起こります。

また、片頭痛にはストレスも関係しているようです。

職場などでストレスを感じている人が、週末にストレスから解放されることでも片頭痛は起こることがあります。

緊張型頭痛は目の疲れ、肩こり、頭部の筋肉の緊張などの原因によって起こります。

具体的には、職場などで長時間同じ姿勢でパソコン作業をすることが原因で引き起こります。

・食事が原因である場合

実は、食事によっても片頭痛が引き起こされる場合があります。

チョコレートやチーズ、ピーナッツ、アルコールなど人によって

片頭痛を引き起こすきっかけは異なりますが、摂りすぎには注意しましょう。

・命に関わる病気が原因である場合

冒頭にも記述しましたが、あまりにも普段の頭痛と違う激痛を感じたときは、命に関わる病気である場合もあります。

くも膜下出血や、脳出血、脳腫瘍など、激しい頭痛を引き起こす病気はさまざまです。

激しい頭痛を感じたときは、早急に医師の診察を受けることをお勧めします。

4.改善方法

対処法をご紹介します。

・冷やす or 温める

頭痛の種類によって対処法が変わります。

片頭痛の場合は血管の拡張が原因であるため、冷たいタオルなどで痛む箇所を冷やしましょう。

緊張型頭痛の場合は、蒸しタオルなどで温め、マッサージやストレッチでコリをほぐしましょう。

・静かな部屋で休む

頭痛のする状態では、騒音のする場所は避けましょう。ズキズキと痛む頭に騒音が響いてしまいます。

静かな部屋で、ゆっくり休むことがオススメです。

・気分転換に休憩をとる

長時間同じ姿勢であったり、ストレスを溜め込んでしまうと頭痛だけに関わらず、体にも良くありません。

できればパソコンの作業中であれば、こまめに休憩を挟み、体をリラックスさせてあげましょう。

5.まとめ

今回の記事では頭痛の種類と原因、対処法をご紹介しました。 

「激痛を感じたときは、命に関わる病気である場合もある」とお伝えしました。

病気において早期発見は、手術などの体への負担などから見てもとても重要です。

緊張型頭痛の場合は痛みもそこまでなく、気づきにくい場合もありますが、長期間続くようなら医師の診察を受けることをお勧めします。