家庭で日常的にできる感染予防について知って対策しよう

世界中で新型コロナ感染症の蔓延が未だ治らない昨今、決定打となる具体的な策が見つからない現状に大きな不安を抱えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。そのような不安は自分たちができる対策を知り、できる限りにおいて実行することで解消されるはずです。

この記事では家庭で日常的に行える新型コロナウィルスへの感染予防についてと、家族に新型コロナウィルス感染症に罹った可能性のある方がいる場合に注意することについて解説します。

1. 家庭で日常的に行える新型コロナウィルスへの感染予防

家庭で日常的に行える新型コロナウィルスへの感染予防には以下のようなものがあります。

1-1.手洗い

これはもはや常識だといえますがまずは家に帰ったら手洗いをしましょう。家庭にウィルスを持ち込まないために、石鹸を使ってしっかり、指の間、手の甲、手首周りなどもしっかり洗いましょう。

1-2.こまめな換気

新型コロナウィルスは接触感染や飛沫感染だけではなく、空気感染の可能性もあると考えられています。ですから、家庭内でできる感染対策としてこまめな換気が非常に重要な役割を果たします。

1-3.こまめな消毒

ドアノブや手すり、スイッチなど、家族がよく手を触れる部分をこまめに水拭きするか、アルコール消毒するようにしましょう。

1-4.タオルを個人個人で分ける

顔や手を拭くタオルは家族内でも共用せず、一人ひとり個別で用意するようにしましょう。また、歯磨き粉などの共用も避けましょう。

1-5.体調が悪い時はマスクをする

体調が悪いときには念のためには家庭内でもマスクをするようにします。

1-6.咳やくしゃみのエチケットを忘れずに

咳やくしゃみが出てしまう時は手で覆ったりせず、必ずハンカチや肘などで口を覆うようにしましょう。

1-7.食べ物や飲み物、食器のシェアを避ける

それぞれの食べ物、飲み物は個別の皿や容器に入れるようにし、大皿や同じ容器からのシェアは避けましょう。

2. 家族に新型コロナウィルス感染症に罹った可能性のある方がいる場合に注意すること

家族に新型コロナウィルス感染症に罹った可能性のある方がいる場合に注意することには以下のようなものがあります。

2-1.他の家族と部屋を分ける

新型コロナウィルス感染症に罹った可能性のある方の部屋は他の家族と部屋を分けるようにします。その際の部屋はできるだけ換気の良い部屋を選びましょう。

2-2.共有スペースの利用は最小限にする

トイレやお風呂などの共有スペースの共有も最小限に留められるように工夫しましょう。

2-3.マスクをする

やむを得ず接近してしまう場合にはマスクを着用するようにしましょう。マスクを外した後の手洗いや手指の消毒も忘れずに行ってください。

2-4.ゴミは密閉して捨てる

使用後のティッシュやマスクなどはビニール袋に入れ、捨てる際には密閉して捨てましょう。

2-5.汚れた衣服やシーツなどは洗濯する

汚れた衣服やシーツなどは洗濯しましょう。その際にはビニール手袋とマスクの着用を忘れないように。体液や排泄物からもウィルスが検出されることあります。

3.まとめ

家庭で日常的に行える新型コロナウィルスへの感染予防についてと、家族に新型コロナウィルス感染症に罹った可能性のある方がいる場合に注意することについて解説しました。ぜひ参考にして役立てていただければ幸いです。