生理痛・生理に関する症状の改善について解説

女性にとって毎月やってくる生理、生理痛はつらいものがあります。個人差はありますが、出血が多いため貧血を起こしたり、いきなりおなかが痛くなったりします。今回はそんな生理痛・生理に関する症状の改善について解説のまとめをしています。少しでもお役に立てれば幸いです。

生理痛・生理の症状

一言に生理といっても症状は様々あります。吐き気を伴う生理もあれば、腰やおなかが痛すぎて動けない人、出血が多すぎて貧血気味になる人、症状は様々です。これら一つずつ、どうしてそのような症状が起きるのかをまずは解説します。

吐き気の症状

まず、生理で吐き気を伴う症状の人です。生理中に女性の体内では「プロスタグランジン」と呼ばれるホルモンが流れています。子宮収縮を促し、血流の流れをよくしてくれるホルモンです。生理の時にこれが異常に出てしまうと子宮だけではなく、胃も収縮しようと働いてしまうのです。そのため過剰に分泌されてしまうと胃が不快感を覚え、それが吐き気となって表れるのです。

腰痛の症状

こちらも吐き気の時と同じく生理中は「プロスタグランジン」と呼ばれるホルモンが分泌されています。血管を収縮させる作用が入っているため、腰痛やだるさといって症状を引き起こします。体が冷えているとより強く腰痛の症状が現れやすいとも考えられます。他にも女性は生理中は自律神経が乱れやすいのもあり、それらも伴って症状が重たくなるようです。

頭痛の症状

生理中の女性によっては頭痛がひどい人もいます。その理由は「エストロゲン」と呼ばれるホルモンの分泌にあります。エストロゲンとプロゲステロンは生理周期によって大きく異なってくるホルモンです。エストロゲンは排卵前にピークを迎え、生理が近づくにつれ徐々に減少していきます。その際エストロゲンと一緒にセロトニンと呼ばれる血管を収縮する作用のあるホルモンも一緒に減ってしまうため、脳内欠陥が拡張してしまうことで頭痛が引き起こされるのです。

生理痛・生理の症状別緩和法

生理は人によって症状が違います。ですので、その時の症状に合わせて緩和法を変えることが大切なのです。それでは症状別に緩和法をご紹介します。

吐き気の緩和

吐き気を伴う症状が出ている場合は、なるべく体を冷やさないようにします。体を冷やさないことはもちろん、胃への負担を考え、生姜やナッツ類などを積極的に食事に入れるといいです。血流の流れが悪いとそれだけでホルモンが過剰分泌してしまいます。お風呂で軽くマッサージをしたり、お腹や腰を冷やさないようにしたりすることがおすすめです。激しい運動まではしなくていいですが、軽い運動程度は取り入れることもおすすめです。

腰痛の緩和

自律神経が乱れやすい生理中はなるべく無理をしないようにすることが大事です。ただでさえ腰やおなかの痛みに耐えているのですから、ここで無理をしてしまっては後々つらくなるだけです。仕事の合間、家事の合間などに深い深呼吸などをやってみることをおすすめします。深呼吸をするだけでストレスは幾分か軽減されます。ストレスをため込まないのは難しいですが、骨盤のケアストレッチをしたりするのもおすすめです。ぜひ試してみてください。

頭痛の緩和

生理痛時に頭痛の症状がある方は痛い部分を冷やしてみるといいです。血管が拡張してしまっているので、冷やすことで血管は収縮され、落ち着いてきます。光や音も頭痛には天敵ですので、部屋を暗くして光と音をシャットアウトするのもおすすめです。生理中の頭痛はホルモンバランスだけではなく、筋肉の緊張によってもひき起ります。その場合は冷やすのではなく、温めるのが効果的です。どちらの頭痛なのかを見極めて対処するだけで頭痛は緩和されます。

まとめ

生理痛・生理に関する症状と改善については個人差があります。必ず治るというわけではなく、もし悪化した、症状が緩和されないという時は早めに産婦人科を受信することをお勧めします。もしかしたら病気が隠れている可能性もあるからです。決して無理せず、痛みがおかしいと感じたらすぐに病院を受診するようにすると安心です。